大城皮フ科クリニックブログ

手荒れは病院で治療できます

 

 

手湿疹(てしっしん)は、主婦、美容師、飲食店員、銀行員などによく見られる病気です。

水仕事をしたり、紙幣などの紙を扱ったりするため、手の油分が取られることに加え、洗剤などの刺激もあり、症状が出現します。

 

【症状】

〇皮膚が硬くなり、ガサガサになる

〇皮膚に赤みやかゆみが生じる

〇皮膚にひび割れが生じる

〇指紋がなくなる

 

【予防法】

〇刺激を避ける

水仕事の時は、ゴム手袋をつけるなど直接手に洗剤がつかないようにしましょう。

〇手洗いの後は、しっかり保湿する

手を洗うと、肌の油分が少なくなります。

手を洗った後は、ハンドクリームを使用するなどして、保湿を行いましょう。

 

【治療】

〇保湿剤、ステロイドの軟膏による外用薬治療

〇かゆみが強い場合などは、抗ヒスタミン薬の内服薬治療

治療により、症状が落ち着つくと、保湿剤やハンドクリームでの保湿をやめてしまう患者様もみえますが、

手湿疹は改善してからが重要です( ゚Д゚)

 

症状が改善してからも、水仕事の際の「ゴム手袋」の使用、「こまめな保湿」を継続し、

手湿疹を繰り返さないよう心がけることが大切です。

その症状、水虫かも?!

 

水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が引き起こす感染症です。

白癬菌が、足に感染し症状が出る病気を、足白癬(あしはくせん)

爪に感染し症状が出る病気を、爪白癬(つめはくせん)と言います。

 

 

 

足白癬は、おもに次の3つのタイプに分けられます。

  • 【趾間型】

    足の指の間に発症するタイプで、水虫のなかで最も多く見られます。

  • 白くふやけて皮がめくれ赤くただれます。かゆみを強く感じるのがこのタイプです。
  • 【小水疱型】

    足底から足のフチ、指の付け根にかけて小さな水ぶくれが発生し、破れた後に乾燥してポロポロ皮がむけます。

  • 梅雨の時期に発症しやすく、秋によくなるケースが多く見られます。かゆみを伴うこともあります。
  • 【角質増殖型】

    かかとを中心に、足底の皮膚が分厚くなってかたくなり、ひび割れると痛みが生じます。

  • かゆみはほとんどありませんが、冬でも症状が続きます。

 

白癬菌を持つ人と同じバスマットを使うなどして白癬菌が足に付着しても、すぐに発症するわけではありません。

白癬菌が付着した状態が続き、菌が増えやすい環境が整うことで症状が出現します。

★プールやスーパー銭湯、スポーツジムなど不特定多数の人が裸足で歩くような場所から帰ってきたらすぐに足を洗う

★家族に水虫の方がいる場合は、バスマットを共有しない

★毎日、足の間まで丁寧に洗う

★靴や靴下は通気性良いものを使用する

などの対策で予防することができます。

 

爪水虫は、白癬菌が爪に感染することで起こります。

爪の先端から変色して、爪が厚くもろくなるという特徴があります。

爪水虫は非常によくある病気です。

爪水虫は、痛みもかゆみもないので気付いていない場合があります。

爪水虫が重症化すると爪が変形したり、分厚くなったり、もろくボロボロと崩れやすくなります。

はじめは自覚症状はありませんが、爪が分厚くなると皮膚にくい込んだり、爪が靴に当たり痛みが生じる場合もあります。

爪がはがれてしまうと足の指の機能が低下し、踏ん張れなくなったり、バランスがとれず歩きにくくなり、生活に支障が出る場合もあるので、軽視せず、早めの治療をお勧めします。

 

「もしかして…?」と思い当たる症状がある場合は、お早めにご来院・ご相談ください。

 

 

「美容液で深いしわ、たるみ」は改善しますか?という質問を多く受けます。

答えは「NO」です。

なぜなら、皮膚の一番表面の「表皮」という層にはバリア機能があり、外からの異物を防いでいるので、美容液も含め、深いしわやたるみの原因になっている真皮層や真皮層より奥の組織には浸透できないからです。

表皮より下の層に美容液が浸透するのであれば、お風呂に入ると、皮膚に水が沢山吸収され、入浴後は、皮膚がぶよぶよになっているはずです。

そうならないということは、表皮より深い組織には、美容液も浸透しないということになります。

 

美容液で、しわが改善するとすれば、「表皮」の保湿による「乾燥じわ」の改善です。

乾燥じわも放置すると、細かいしわとなり皮膚に刻み込まれる可能性があるため、正しい保湿も大切です。

 

 

では、深いしわ、たるみはどのようなメカニズムでできているでしょう。

一緒に考えていきましょう。

 

しわ、たるみのメカニズム

お顔の老化は、皮膚だけに起きているものと思われがちですが、実は骨格や筋肉、皮下組織を含むお顔全体の組織の構造が、加齢によって立体的に変化して起こります。

加齢とともにそれぞれの層に変化が起き、しわやたるみを作っているのです。

例えば、「しわ」「たるみ」の相談で最も多い「ほうれい線」

ほうれい線は、

〇土台となる骨が減る

〇重力によって皮下脂肪が垂れ下がる

〇真皮の弾力が低下する

などのお顔全体の構造の変化によって、頬に深いしわが出来た状態です。

 

 

骨の変化、筋肉の変化、皮下脂肪の変化、真皮・表皮の変化に合わせた治療を行う必要があるのです。

 

当院では、お顔全体の構造に合わせた治療のご提案を行っております。

「しわ・たるみ」でお悩みの患者様は、是非ご来院・ご相談下さい。

その「毛穴ケア」大丈夫?

 

肌の悩みで、上位にあがる「毛穴の黒ずみ」「毛穴の開き」

「赤ちゃんのようなつるんとした肌になりたい!」という声も多く聞かれます。

しかし、間違ったケアは、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きを目立たせたり、悪化させる可能性があるので注意が必要です。

 

例えば毛穴パックやスクラブ入りの洗顔料。

代表的な毛穴の汚れである「角栓」が角栓が根こそぎ取れるので、使用すると、毛穴が「スッキリ」し、きれいになったように感じます。

しかし、毛穴パックで角栓のなくなったぽっかり開いた毛穴にファンデーションが入り込んで、余計に毛穴が目立ってしまったり、毛穴に埋まったファンデーションが十分に落ちず、毛穴に詰まり、ニキビや肌荒れの原因になることもあります。

 

角栓は毛穴を雑菌から守るために作りだされているため、無理やり全て除去するのではなく、正しい方法で、少しずつ優しく、必要な分は残しながら、除去していくことが大切です。

 

また、毛穴パックやスクラブ入り洗顔料は肌に強い刺激を与えるため、肌のバリア機能が衰え、目では見えないレベルでの肌の炎症が起こる可能性があります。

皮膚は炎症を起こすことで、色素沈着を起こし、シミやくすみの原因となってしまいます。

 

 

~毛穴のタイプ別の原因と、治療について~

 

当院では、毛穴のタイプに合わせ、様々な治療をご提案が可能です。

 

イチゴの表面のようにポツポツと黒ずんでいる → 「毛穴の黒ずみ」

白いぷつぷつが毛穴に詰まっている → 「毛穴の角栓」

ぽっかり穴が空いているように開いている → 「毛穴の開き」

毛穴が雫のように下垂して広がっている → 「毛穴の開き」

 

 

毛穴でお悩みの患者様は、是非大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談下さい。

正しい毛穴ケアで、一緒にきれいな肌を作っていきましょう。

しわ・たるみの種類

 

年齢を重ねるごとに増えていくお顔のしわやたるみは、仕方のないことだとはわかっていてもどうしても気になるもの。

「お化粧の時に鏡を見ていたら、昔は目立たなかったほうれい線がある日突然気になりだした」などと来院される患者様も多くいらっしゃいます。

「しわ」や「たるみ」は、原因によって治療法が異なります。

今回は、「しわ」「たるみ」の原因、種類、治療についてみていきましょう。

 

肌の表面の小じわちりめんじわなど細かいしわが気になる

小じわ・ちりめんじわは、肌表面の乾燥や、紫外線や加齢による肌の老化により、角質層の水分保持機能が低下することなどが原因で起こります。

小じわ・ちりめんじわは、広い年齢層に見られ、人によっては20代前半からできてしまうこともあります。

「しわ」のレベルとしては、 比較的初期の状態です。

基本的には浅いしわなので、それほど気にしない方もいらっしゃいますが、対処をせずに放置すると段々と深くなってしまうこともあるため、早めのケアが肝心です。

<治療>インフィニ②③、ラセムド(VCVA美容液)、スペクトラピール

 

 

眉間、額、目尻のしわなどが気になる

笑ったり、怒ったりするときに、表情筋とよばれる筋肉の収縮(緊張)によって眉間や、目尻、口の横、額などに「表情じわ」が現れます。
一時的なものですが、加齢などに伴なって大じわへと進行するおそれがあるので注意が必要です。

眉間にしわを寄せる癖のある方や、目尻の笑いじわ、目を見開いたときにできるおでこのしわなどが気になる方は、早めのケアが大切です。

<治療> ボトックス注射

笑ったと時に歯茎が出てしまう、えらの張りや歯ぎしりなどが気になる方にも、ボトックス注射はおすすめです。

 

 

ほうれい線、目の下のたるみやしわ、顔全体のたるみが気になる方

深く刻まれた「大じわ」は、真皮の機能が衰えることなどが原因で起こります。

真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされ、ハリや弾力、潤いを保持する役割を担っています。

加齢とともにそれらの成分は減少し、皮膚を支えきれなくなってしわが発生します。

またお顔の老化は、皮膚だけに起きているものと思われがちですが、実は骨格や筋肉、皮下組織を含むお顔全体の組織の構造が、加齢によって立体的に変化して起こります。

加齢に伴って起こるお顔の骨の老化や、脂肪の減少によるボリュームダウンもたるみ・大じわの原因です。

<治療> インフィニハイブリッド①③④⑤、ウルトラセルQ+(HIFU)、エコツーレボリューション、ヒアルロン酸注射 

 

まずは、患者様自身の「たるみ」や「しわ」の原因を知ることが重要です。

その後、どういう治療が適切・必要なのかを、医学的根拠に基づき検討していくことが大切です。

美容皮膚科で、お悩みに合わせた治療を受けてみませんか??

 

ページトップへ戻る