大城皮フ科クリニックブログ

『尋常性白斑』ってなに?

今回は尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)についてお話しします😊

皮膚がまだらに白く色が抜けてしまう病気です🙀

尋常性白斑は、痒みや痛みという症状がみられないため、気づいたら発症している、なんてこともあり得る病気です😢

見た目が気になることで、精神的ストレス⚡️となり、QOL(生活の質)の低下につながる可能性があります😱

 

【原因】
はっきりとした原因は不明ですが、メラニンやメラノサイトに対する自己免疫が関与していると考えられています😷

また、まれに甲状腺疾患や悪性貧血、糖尿病を併発するとされています💡

【3つのタイプ】
①限局型・・・体の一部に白斑がある
(汎発型、神経文節型に移行することがある)

②汎発型・・・全身のいたるところに白斑がある

③神経文節型・・・神経に沿って白斑がみられる

 

【🔆治療法🔆】

⭕外用薬
ステロイド、ビタミンD3軟膏の外用

⭕紫外線療法
エキシマレーザー

白斑でお悩みの方、皮膚科専門医にお気軽にご相談ください👨‍⚕️🔍

 

当院はオンライン資格確認について、下記の整備を行っています。

●オンライン資格確認を行う体制を有しています。

●薬剤情報、特定健診情報その他必要な情報を取得・活用して診療を行います。

 

医療情報・システム基盤整備体制充実加算(月1回)

加算1 (初診時) 6点

・従来の健康保険証を提示した場合

・マイナ保険証を提示したが、診療情報の取得に同意しない場合

加算2 (初診時) 2点

・マイナ保険証を提示し、診療情報の取得に同意した場合

・他の病院から診療情報提供を受けた方

加算3 (再診時) 2点

・従来の健康保険証を提示した方

・マイナ保険証を提示したが、診療情報の取得に同意しない方

 

当院は診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。

正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証によるオンライン資格確認等の利用にご協力をお願い致します。

 

大城皮フ科クリニック

当院の『瘢痕治療』について

今回は尋常性ざ瘡(にきび)の種類と、ニキビ痕 について詳しくお話していきます🙇‍♀️✨

💡ニキビにはいくつか種類があります❗️

🌳白ニキビ 黒ニキビ
ターンオーバー機能が乱れ毛穴の中に皮脂がたまっている状態😢

🌳赤ニキビ
毛穴の中で過剰にアクネ菌が増殖し、炎症し赤く盛り上がった状態😡

🌳ニキビ痕
⁡化膿が進み、毛穴のまわりの組織が壊され、元に戻らず皮膚が凸凹の傷跡になった状態😭

瘢痕になるとニキビ痕として皮膚に凸凹が刻み込まれてしまいます💦

ニキビ痕にしないように早期の治療が大切になります❗️✨

ニキビ痕になってしまった場合も当院では

🏥保険治療🏥
・トラニラスト(内服薬)

🏥自費治療🏥
・エコツーエボリューション
・OSCモザイク3D

など、さまざまな治療方法をご提案可能です🌟

今回は 自費治療の中の
⁡💎エコツーエボリューション💫をご紹介します‼️

レーザーを瞬間的に照射して0.12mmの微細な穴を沢山開けます✨
穴が開いた部分はいったん皮膚が無くなりますが、肌には自ら治そうとする力があるので、自然に再生を促進します✨😉

従来のフラクショナルレーザーと比較しても非常に効果が高いので1回の施術でも「ニキビ肌の改善」を実感できます✨

ニキビ痕の凸凹は、回数を重ねるごとに徐々に改善していくので3〜6回のコース施行をおすすめしています💕

ニキビ痕はできてしまうと治療が難しいと言われています🥺💦

 

一人で悩まないでください🌟

大城皮フ科ではさまざまな治療でニキビ痕の改善をサポートします🥰✨

ニキビ、ニキビ痕でお悩みの方は、大城皮フ科クリニックにご来院&ご相談下さい👨🏻‍⚕️🏥

今回は『アトピー性皮膚炎』についてお話させていただきます☝🏻✨

アトピー性皮膚炎とは…🤔
皮膚の乾燥🍂とアレルギー体質🦠によって幼少期👶🏻〜学童期👧🏻に発症する慢性湿疹です😵
10歳までに治る場合も多いですが、成人しても症状の改善が見られない場合もあります😢(成人型アトピー性皮膚炎 )

冬は空気が乾燥し、皮膚から水分が蒸発しやすくなるため、皮膚の乾燥による症状が出やすくなります⚡

皮膚が乾燥すると、肌のバリア機能が低下します⤵︎
バリア機能が低下すると、外からのアレルギーの原因物質が侵入し、アレルギー反応(赤み・かゆみ・湿疹)が起こります💥

🌙特徴🌙
肘や膝の内側、首、わきなどの擦れやすい部位に出やすいという特徴があります❕
アトピー性皮膚炎では、湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です❕
一般的に、6ヶ月以上続くと慢性と判断します💦
かゆい➡︎かく➡︎悪化➡︎かゆい という悪循環を繰り返し、全身の湿疹に至ってしまいます😔

⭐️症状⭐️
📍かゆみ
📍赤み、盛り上がりのある湿疹
📍じゅくじゅくしてひっかくと汁が出る
📍長引くと肌がゴワゴワ硬くなり盛り上がる

💫治療方法💫
1️⃣保湿剤の使用
保湿剤を使用し、乾燥しづらい日常生活にすることが大切です💧
2️⃣外用薬
赤み・かゆみなどの症状がある部分には、ステロイド外用薬・タクロリムス外用薬・JAK阻害薬・PDE4阻害薬の塗布を行います👩🏻‍⚕️
3️⃣内服薬
保湿剤、外用薬の塗布で症状が改善しない場合は、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬の処方をします💊
4️⃣紫外線療法
症状が強い部分に、免疫機能を調整する働きのある紫外線を照射します✨

1️⃣〜4️⃣の治療でも改善しない場合は…
症状に合わせ、ステロイド内服薬や免疫抑制剤の内服薬、JAK阻害剤の内服薬、生物学的製剤(注射)と患者様の症状に合わせて治療をご提案いたします👨🏻‍⚕️🏥

☀️生活上の注意事項☀️
✔️固形石鹸を使用しましょう🧼
✔️入浴時は体が温まりすぎないようにしましょう🛀🏻
✔️保湿剤は入浴後5分以内に塗りましょう🧖🏻
✔️基礎化粧品は【皮膚のバリア機能を高める】成分が入ってるものがおすすめ🧴

また冬は☃️
ヒートテックの着用や、ホットカーペットやこたつの使用は避けましょう❌

当院では、お薬の塗り方、生活上の注意事項についてもスタッフが丁寧に説明させていただきます💁🏻‍♀️

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、是非大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談ください👨🏻‍⚕️🏥

 

当院の『毛穴治療』について

今回は、肌の悩みでも上位にあがる『毛穴』についてお話しします👨🏻‍⚕️💫

『毛穴』と一言で言っても様々なタイプの毛穴があります☝️
1️⃣苺の表面のようにポツポツと黒ずんでいる【毛穴の黒ずみ】
2️⃣白いプツプツが毛穴に詰まっている【毛穴の角栓】
3️⃣ぽっかり穴が開いてるように見える【毛穴の開き】
4️⃣開いた毛穴が雫のように下垂して広がっている【たるみ毛穴】

1.2のような「毛穴の詰まり」が気になる方は

🍓クレンジング剤を変更する
🍓ピーリングを行う
などの方法で、古い角質や毛穴に詰まった汚れを除去することが大切です✨
ピーリング剤は、市販の物もありますが、市販のピーリング剤は、効果が低く、使い方を間違えてしまうと、「毛穴の詰まり」→「毛穴の開き」となってしまう可能性が…😱

当院では、ミルクピールプラス という医療機関でしか使用できない効果の高いピーリングを行っています❤
効果が高い分、刺激感もありますが、医療機関で行うため、万が一肌トラブルが起こった際も即座に対応でき安心です😊✨

3.4のような「毛穴の開き」が気になる方は、
皮膚(真皮層)に弾力がなくなっているため、真皮層からの改善が必要です✨✨
スキンケアで真皮層を改善する事は難しく、医療機関での施術で

🍓皮膚に熱を与え、肌細胞を活性化させる
🍓真皮層に熱損傷を与え、肌を再構築する
などの治療が必要となります🏥♡

💞おすすめ施術💞
❥ラセムドレーザー(VC美容液)
❥スペクトラピール
❥エコツーエボリューション
❥インフィニハイブリッド フラクショナルRF
❥モザイクリミテッド
などがあります😊💞

当院では、数ある施術の中から、患者様のお肌やご予算に合わせ、最良の治療をご提案されて頂いております🏥👨🏻‍⚕️✨

また、毛穴の改善には、
治療に加えて、生活習慣もとても重要になります🐻✨

⚠️生活上の注意事項⚠️
☆優しく洗顔をする
☆保湿をしっかりと行う
☆紫外線対策を行う
☆皮脂を取り過ぎない
☆脂質、糖質の過剰摂取に気をつける
☆規則正しい生活を心がける

毛穴ケアは、“適切な治療”と“正しいスキンケア、規則正しい生活をし皮脂をコントロール”することが大切です😊

「毛穴」で、お悩みの方はぜひ、当院へご来院&ご相談ください🏥💞

ページトップへ戻る