大城皮フ科クリニックブログ

 

院長の大城です。

ブログの更新が遅くなり、申し訳ありません。

これからは、自戒をこめて、一週間に一回、ブログを更新していくことを宣言します。(い、一ヶ月に一本くらいにしとこうかな・・)

さてさて、またまた愛知県のタウン誌、くれよん様に、当院の記事を載せていただいたので、ここでも紹介させて頂きますね。

今回はな、なんと、見開き2ページ!!院長の大きな写真も付いています。

食事中に読まれた方、気分を害された方、誠に申し訳ございません笑

ともかく、くれよん様には、感謝しかございません。

 

さて、1ページ目には、『大城院長監修! シミ徹底解剖書』という記事を書かせて頂きました。

来院される患者様はだいたい、「顔にシミがあるので、取ってください!!」とおっしゃいます。

ほくろ以外の色のついたものはシミ!と思っておられる方がほとんどです。

自分の「シミ」がどういった分類となるのか、正確にわかっている人は、ほとんどいらっしゃいません。(当たり前ですが)

それどころか、皮膚の美容を専門にされる方々でも、それぞれを正確に分類出来る方はあまりいないと思います。

毎日そういった相談を受ける我々でも、診断に頭を悩ませる方はおられます。

ですので、「私のこの茶色いものは何??」とお悩みの方々の助けに少しでもなればと、人肌脱いで記事を書かせて頂きました。

内容は、「あなたのシミはどんなシミ?」と題し、肝斑、老人性色素斑、そばかす、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)に分けて、それぞれの特徴を説明しました。

初めて読む方でも理解しやすいように、なるべく専門用語を排して、よく陥りがちなスキンケア方法なども交えながら分かりやすく書いたつもりです。

是非ご一読ください٩( ‘ω’ )و

 

そして、2ページ目には、『地域の方のお肌の健康を守る!大城院長をpick up!』
と題して、私のインタビュー記事を載せて頂きました。

読んで頂いた方には、私がどうして皮膚科医になり、美容皮膚科を併設したかなど、なかなか直接はお話できない事がお分かり頂けたかとおもいます。

一部、プライベートなことも書かせて頂きました☆ それは読んでのお楽しみです。

そして、記事の一番下には、2人のスタッフから見た、私の印象などが書いてあります。

やや褒め過ぎの気がしますが、ヤラセではありません!

ご本人が取材を受けた、ありのままです ( ー`дー´)キリッ

これからもスタッフからも患者様からも信頼される皮膚科医を目指し続けます。

 

 

今回は、肌診断画像システム「re-Beau2(レビュー2)」についてご紹介させて頂きます。

愛知県で3台目の導入、尾張地区では初導入の肌診断画像システム「re-Beau2(レビュー2)」

 

カラー写真とUV写真を撮影し、肌の状態を診断する事が可能です。

「re-Beau2(レビュー2)」のUV写真を用いることで、見た目や、普通の写真ではわかりにくい「薄いシミ」「薄い肝斑」も細かく確認することができます。

 

そのため、治療前にどこにシミや、シミの卵があるかが一目でわかり、より効率的にシミを根本から治療できます。

そして、ニキビ肌かどうかが一目でわかる「ポルフィリン」もUV画像では赤く光り、一目瞭然です。

 

初回の美容施術と、美容施術コース最終回には、無料で撮影させていただいております。(撮影のみの方 3000円)

 

1回目の施術と、最終施術日の状態を写真で比べることができる為、患者様自身にも、客観的に治療効果を実感していただけるため、レーザー照射後の患者様に大変喜んでいただけております。

 

あなたの「シミ」のほんとうのすがた、一度見てみたくないですか?ご興味のある方は一度、スタッフへお気軽にお声かけ下さい。

 

 

2017年11月2.3日で開院してから、初めての社員旅行に行ってきました♫

1日目は
全員で東京ディズニーシーへ

お天気も気候も良く絶好の行楽日和♡

絶叫系に乗りたいチーム・ゆったり回りたいチーム・買い物大好きチーム・カチューシャ付けて回りたいチー厶(笑)に分かれて、各々チームごとに回りました♪

そして、全員がどーーしても見たかった院長お薦めの「ビックバンドビート」

抽選で当たらないと指定席が取れないのですが、クリニック全員当選♡
その時ばかりは「自由行動」をしていた全員が集合し、クリニック全員で、ミッキーのバンドやダンスを堪能しました。
ミッキーのカッコイイことったら…♡♡♡
ディズニーシーに行かれる方は、是非一度足を運んで見てください。

 

ディズニーシーを堪能した後は、ディズニーランドホテルで会食。
なんと!サプライズゲストでミッキーが登場!!
ディズニー好きのスタッフも多いので、嬉しさのあまり泣いてしまうスタッフも…。
「スタッフの喜ぶ顔が見たい」という院長のご配慮に感謝感謝です♡

 

ディズニーランドホテルのスタッフさんのホスピタリティの精神を直に感じ、私達、大城皮フ科クリニックのスタッフも、ホスピタリティを大切にし、患者様と関わらせていただく事の重要性を改めて感じる良い機会になりました。

楽しくもあり、勉強にもなった社員旅行。

気持ち新たに「日本一患者様思いの皮膚科」を目指し、スタッフ一同、頑張っていきたいと思います。

 

赤ちゃんをつれて外出するようになったら、直射日光に当たらないような対策を始め、日焼け止めを塗ってあげることをおすすめします。

新生児期・乳幼児期の赤ちゃんのお肌は、大人が思っているよりもずっとデリケートです。

赤ちゃんに直射日光が当たると、日差しが強い季節にはヤケドや水ぶくれになってしまうことがあります。

また、赤ちゃんの頃に紫外線を浴び過ぎると、紫外線のダメージが蓄積され、10年以上たってからシワやシミ、免疫力の低下、あるいは皮膚がんなどを引き起こす原因になるとされています。

月齢が低いほど赤ちゃんの肌は弱く、紫外線の影響を受けやすいため、早いうちから日焼け対策をすること赤ちゃんの肌を守ることに繋がります。

 

とはいえ、皮膚の弱い赤ちゃんにどんな日焼け止めを塗ればいいの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

当院では、赤ちゃん・子ども用の日焼け止めとして「2e ベビープラスUVプロテクトミルク」をおすすめしています。

 

く見かけるベビー用日焼け止めは、ベビー用と言っても「生後6ヶ月〜使えます」というものがほとんど…。

なんと!「2eベビープラスUVプロテクトミルク」は、生後2ヶ月〜使える日焼け止めです。

 

【SPF20 PA++】【ノンケミカル】というのが特徴です。

SPFの高いものは、シミの原因となるUVBの制御効果が長時間続く分、落ちにくいというのが難点。
赤ちゃんやお子様の日常使いには、石けんで落ちやすい【SPF20】程度のものがおすすめです。

 

また紫外線吸収剤という化学原料が入っているものは、紫外線防御力が高い分、刺激が強いのが特徴。
その紫外線吸収剤が入っていないものが【ノンケミカル】。
紫外線吸収剤は刺激が強いので、まれに赤ちゃんやお子様の肌がかぶれてしまうことがあります。
その為、赤ちゃんに選んであげるなら「ノンケミカル」がオススメです。

 

さらに、乳液タイプなので、塗りやすく、日焼け止めを塗ってあげるお母様側のやお父様も使いやすいのでおすすめです。

もちろん大人の方も使え、敏感肌の方にもオススメです。

サンプルのご用意もあります。
ご興味のある方はスタッフへお気軽にお声かけください。

 

 

一宮、江南、丹羽郡などのタウン誌のくれよん2017年7月号、8月号に当院の「医療脱毛」が紹介されました。

 

モニターをして頂いた方は医療脱毛は初めてで、最初は不安があったようですが、実際にやってみると、「思っていたより痛みがない」と好評でした。

 

当院では「医療用脱毛レーザー」を取り扱っております。

そのため、エステや脱毛サロンとは違い強い出力でのレーザー照射が可能であるため、「根こそぎ」脱毛することが可能です。

「エステや脱毛サロンで脱毛をやったけど、毛がなくならない」という患者様にも満足していただけております。

 

また最新の医療用脱毛レーザーなので、効果も高く、痛みも少ないのが特徴です。

痛みが強い場合や、痛みに弱い方には麻酔クリームを使用しての施術も可能なのでご安心下さい。

 

地域の皆様に最新の治療を気軽に受けて頂きたいという思いから、細かい施術部位、良心的な価格設定での施術をご提供しております。

脱毛を検討されている方は、是非大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談ください。

ページトップへ戻る