大城皮フ科クリニックブログ

今回はいぼ(尋常性疣贅)について
お話します‼️

🔰いぼ(尋常性疣贅)とは
皮膚の一部が盛り上がってできものです🧐

いぼがよくできる場所は
手✋や足🦶といわれています💔

😈ヒトパピローマウイルスというウイルスが
皮膚の小さな傷から感染し、いぼになります😣

皮膚が乾燥していたり
バリア機能が低下していると
感染しやすくなってしまいます💦🥺

またいぼ(尋常性疣贅)は
ウイルスが原因なので
人にうつしてしまったり
自分のいぼが増えてしまうことがあります💦
早めの治療をおすすめしています🥺✨

💊当院の治療❤️‍🩹
⭐️液体窒素を用いた冷凍凝固療法(スプレー式)
⭐️トリクロロ酢酸
⭐️漢方(ヨクイニン)の内服
⭐️ぬり薬(サリチル酸ワセリン)の外用
⭐️レーザー治療(ロングパルスYAG)

✅生活上の注意事項

💎いぼを触らない
触ることで指にウイルスが感染し
いぼが増えてしまう可能性があります💔

💎いぼを自分で削らない
削ることで出血してしまったり
いぼが増えてしまう可能性があります🥺

💎治療には回数が必要
一度の治療で治るというよりは
定期的に受診して治療することで
症状が改善していきます🌸

いぼは放置すると大きく成長したり
他の場所にうつったりします🥺

放置することで治すまでに
時間がかかってしまいます💦😭

いぼかな?と思ったら、、🧐

早めの受診、治療をおすすめします‼️
いぼのことお気軽にご相談下さい🏥

『シミ治療』について

今回は、シミの種類・治療方法についてお話させて頂きます😊

当院には、シミでお悩みの方が多く来院されます🏥✨
「シミ」には沢山の種類があり、治療方法が異なります!

皮膚科専門医による
「正しい診断」と「正しい治療」がとても大切です✨

・シミの種類
❶ 老人性色素班
一般的に「シミ」と呼ばれるものです
茶色で、周りの皮膚との境界がはっきりしているのが特徴です。
紫外線が原因であるため、顔や手の甲など、太陽が良くあたるところに出来る傾向にあります☀

❷ 肝斑
ホホや目の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のシミです🍀
30代〜60代の女性に多くみられます。
女性ホルモンによる影響、ストレス、皮膚の過度な摩擦、肌に合わない化粧品の使用などが原因と言われています📖

❸ 雀卵斑
「そばかす」と呼ばれる鼻を中心に左右対称に
散らばる茶色の小さなシミです🍀
1つずつのシミは1〜5mm大でほぼ均等。

そばかすは幼少期に発症することが多く
思春期頃までに濃くなることが多いです👩‍🎓

紫外線を浴びることで誘発されるため
日焼けにより悪化します☀

❹ あざ
生まれつきあることが多いです👶
歳と共に濃くなることもあります
あざと言っても沢山種類があり
色などが異なります!

❺脂漏性角化症
頭皮、顔、首によく出来る
茶色いザラザラした、盛り上がったシミです☘️

加齢や紫外線による、お肌の老化が原因と言われています⚠️
徐々に大きくなり、数も増えますが
小さいうちに取れば、問題ありません👍

・シミ治療
シミの種類により、30種類以上ある治療の中から適切な治療をご提案致します👨🏻‍⚕️✨

当院でのシミ治療は大きく分けて2つあります!

①かさぶたになる施術  Qスイッチレーザー

強い出力のレーザーを照射し
一気にシミの原因のメラニンを破壊します
基本的に1回で終わる施術ですが、シミの種類や深さなどにより回数が必要な場合もあります⚠️

約2週間程度でかさぶたは剥がれ
ピンク色の新しい皮膚に生まれ変わります❤
約2週間はお化粧が出来ません🙅‍♀️

②かさぶたにならない施術
デュアルピール、トーニング

弱い出力のレーザーを照射し、シミの原因になるメラニンを破壊します⚡️
破壊したメラニンはターンオーバーで
体外へ排出します!!

6〜10回程度の照射を繰り返すことで
シミだけではなくお顔全体のトーンを明るくし
透明感のある肌へと導きます🧖✨

③内服薬
シナール、トラネキサム酸を内服することで
シミの原因になるメラニンの生成を
抑制することが出来ます🙆‍♀️
シミやくすみの予防にも効果があります‼️

シミでお悩みの方は、大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談下さい🏥✨

『口唇ヘルペス』ってなに?

本日は口唇ヘルペスについてのお話です👄

口唇ヘルペスとは💡
単純ヘルペスウイルスの感染によって、唇やその周辺に痛みを伴う水ぶくれができる病気です😣

◆症状◆
①ピリピリ、チクチクといった皮膚の違和感
②赤く腫れたり水膨れができる
③かさぶたができて治っていく

基本的には①〜③という経過を辿ります💦

皮膚の違和感といった前駆症状がでてから
かさぶたになり治るまでは
1〜2週間程度かかります。

◆原因◆
ウイルスが唇やその周りの皮膚に接触して
粘膜に感染することによって起こります。

現時点では、一度感染したウイルスを体内から追い出す方法はありません😱

そして再発を繰り返す特徴があります。
免疫が下がった時に再発しやすいため
日頃からの体調管理が重要です。

◆治療◆
ウイルスの増殖を抑える
抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬、塗り薬を用います💊

口唇ヘルペスの再発を
健康のバロメーターとして捉え
日頃からの体調管理はもちろん
症状が出てきたらできるだけ早く
受診しましょう🏥

アザについて

今回は「アザ」についてご紹介させていただきます💁🏻‍♀️

皆様、「アザ」と言っても
様々な種類がある事をご存知ですか👀??

アザには大きく分けて
💙青アザ
🤎茶アザ
❤赤アザ
🖤黒アザ
の4種類に分けられます🙋🏻‍♀️✨

青アザ💙はメラニン色素を持つ細胞が
皮膚の深部にあるため青く見えるアザです🔍
🍀蒙古斑
🍀太田母斑
🍀青色母斑
🍀伊藤母斑
などがあります💡

🌟治療方法🌟
Qスイッチレーザー療法(保険適応)があります💥

1回の施術でも改善はしますが
周りの皮膚と馴染む程度の色まで改善するには
5~10回程度の照射が必要となります💡

また、施術後は2週間ほどカサブタの状態となります💁🏻‍♀️

茶アザ🤎は表皮に存在するメラニン色素が多いため、周りの皮膚より茶色く見えるアザです🔍
🍀扁平母斑
🍀カフェオレ斑
🍀ベッカー母斑
などがあります💡

🌟治療方法🌟
最も効果的と言われているのが
QスイッチレーザーやQルビーレーザーなどの
レーザー療法です💥

ただし、扁平母斑は再発する可能性があり、
100%効果があるという訳ではありません💦

赤アザ♥️は皮膚の血管が異常に増殖し、
皮膚が赤く見えるアザです🔍
🍀単純性血管腫
🍀苺状血管腫
🍀サーモンパッチ
などがあります🔍

🌟治療方法🌟
血管腫に対する治療法は、レーザー治療が
第一選択となります💥
また、当院では専門病院への紹介も可能です🏥

黒アザ🖤は濃い茶から黒褐色のアザで
表面は正常の皮膚様からざらついて隆起してるものまで
様々な形があります🔍

🌟治療方法🌟
切除手術(保険適応)やCO2レーザーが適応となります💥

当院では、
年齢や部位、大きさに応じて
レーザーの波長や出力を調整しながら
治療を行っていきます👨🏻‍⚕️✨
また、専門的な病院への紹介も可能です🏥

お子様のアザや長年のアザで悩まれていた方は
是非一度当院でご相談下さい✨

 

今回は、お子様に多い”オムツかぶれ”と
“あせも”について詳しくお話します‪🗣

︎︎︎︎☑︎あせもについて
あせもは、大量の汗をかくことにより、汗やホコリが汗を出す管が詰まらせてしまい、周囲の組織を刺激して発疹や強いかゆみが出現してしまいます。
かゆい部分を掻きむしってしまうと、とびひなどに発展してしまう場合もあるため、早めに皮膚科を受診しましょう‪💡‬

☆予防法
・通気性のよい下着を着る
・汗をかいたらシャワーをあびる
・保湿をしっかりする
・こまめに着替える
などがあります😌

︎︎︎︎☑︎オムツかぶれについて
オムツかぶれは、尿や便がついたオムツが皮膚に長時間触れていたり、蒸れる事が原因で、皮膚がかぶれてしまったり、赤くなったりブツブツができてしまいます😱

☆予防方法
・排泄後なるべく速くオムツを取り替える
・尿や便を拭き取る時は、優しく拭き取る

〇使用している紙おむつが合わない場合もあるので、ほかの製品に変えてみることで、改善する事もあります😊

また、自己判断でオムツかぶれと思い、ステロイド外用薬を使用し症状が悪化するケースもあります😣

カンジダという、カビの一種が感染して起こる
“カンジダ症”の場合、ステロイド外用薬で悪化してしまいます。

子供の皮膚は大人に比べ、薄くてデリケートです😊
自己判断せず、皮膚科専門医 のいる皮膚科を受診する事をオススメします🏥

ページトップへ戻る