大城皮フ科クリニックブログ

 

 

「日焼け止めを塗ったのに、日焼けをしてしまった。」という経験はありませんか?

 

日焼け止めはきちんと塗っていれば、塗った直後から効果を発揮してくれますが、日焼け止めの効果を持続させたい場合は、2〜3時間おきに塗り直しが必要と言われています。

 

出かける前に日焼け止めを塗ったのに、一日外で遊んで、日に焼けてしまった。というのは、「塗り直し」ができていなかったことが理由です。

 

「塗り直しって面倒」

「手軽に塗り直しができるスプレータイプのものは、化粧が崩れる。」

という方におすすめのラロッシュポゼ「UVイディアXLプロテクションミスト」をご紹介させていただきます。

 

SPF50 PA++++ ロングUVA対応 で紫外線からお肌を守ってくれるのはもちろんのこと、髪の毛にも使用出来るので紫外線による髪の毛のダメージも防いでくれます。

 

細かいミスト状のスプレータイプの日焼け止めなので、数秒で素早く塗り直しができ、メイクしたまま上からスプレーしても化粧崩れしないので、塗り直しがとっても簡単です。

 

またラロッシュポゼのロングヒット商品であり、肌のバリア機能をサポートしてくれる「ターマルウォーター」も配合、パラベンフリー、エタノールフリー、無着色なので、肌への負担がないのも◎

紫外線からしっかり守ってくれながら、敏感肌でも使えるという優れものです。

 

長時間紫外線に当たる場合は、塗り直し必須なので、夏のレジャー、運動会などの行事、テーマパークなどで大活躍間違いなしです。

 

50g 2,500円(税抜き)とコストパフォーマンスも◎

 

当院人気商品のラロッシュポゼ「日焼け止めUVイディアXLプロテクションミスト」是非お試しください。

 

院長の大城です。

なんと、またしても月刊チーク様に当院を紹介して頂きました。

歯科の先生方が居並ぶ中、美容皮膚科では当院が唯一の掲載。

いやいや、ありがたいしかありません。

編集の方の期待を裏切らぬよう、張り切って(夜なべして)記事を書かせて頂きました。

 

見開きだと壮観ですね~! ありがたやありがたや。

 

扉ページは、まだまだ一般の方々にはなじみがなく、「美容皮膚科」というものはどういうものかという記事を監修させて頂きました。

興味はある方が多いとは思いますが、「怪しいことをしてるのでは」 や、「お値段、お高いんでしょう??」のような印象を持たれている方が多いのではないでしょうか。

①美容皮膚科と皮膚科との違い

②美容皮膚科とエステティックサロンの違い

③美容皮膚科とはどんなところ

④よい美容皮膚科とは

というポイントに絞り、美容皮膚科になじみがない方が疑問に思うことをわかりやすく説明しました。

 

2ページ目はクリニックの詳しい紹介をして頂きました。

左下の記事では、当院自慢の、東海地区初導入!!

美容大国の韓国で一大ムーブメントを起こしている、ラクジュアリーメディカルエステ、LASEMD(ラセムド)が詳しく紹介されています。

 

そして、右下の記事では、当院のアンチエイジングの施術を紹介して頂いています。

特に、医療脱毛は当院自慢の最新医療レーザーです。

一般的な脱毛では、医療脱毛でも、アレキサンドライトのみがほとんどです。

しかし、当院のクラリティツインでは、ヤグとアレキサンドライトの2波長を駆使して、今まで抜けなかったうぶ毛も根こそぎ脱毛します。

また、「Air Cooling System」 という、氷点下の、とにかく冷たい風を皮膚に当てながら、同時にレーザーを当てます。

これによって、今までの脱毛器では考えられないくらい痛みの少ない脱毛を可能としています。

 

雑誌の発売以来、たくさんのお問い合わせをいただいております!ありがとうございます!

どの処置も、院長の診察を受けてから、患者様に必要な処置を決定しております。

施術をご希望の方は、まずはご来院、ご相談ください。

エステで永久脱毛?

 

エステサロンで永久脱毛をされた方がよく「コースを買ったけど、結局毛がなくならなかった」と来院されます。

 

その理由についてかかせていただきます。

医師法という法律の中で‥

「レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」
を「医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する」という記載があります。

 

なんだか、呪文のようですが…

要するに「毛根まで毛を焼く施術は病院でしか出来ない」ということです。

 

しっかり。効果的に。根こそぎ。脱毛したいなら、エステサロンよりも皮膚科クリニックをお選び下さい♡

 

エステサロンより1回あたりのはお値段は高くはなりますが、最終的にかかる費用は医療脱毛のほうが安くなる可能性もあります。

 

また万が一、施術の際にやけどや色素沈着などの皮膚トラブルがあっても、病院であれば医師がいるのですぐに対応ができ安心です。

 

まずは、当院での脱毛カウンセリングをおすすめします♡

 

「太く長いまつ毛を手に入れたい」

女性なら1度はそんな思いを持ったことがあるのではないでしょうか?

 

化粧品コーナーには「太く、長く!」と唄っているマスカラが沢山おかれており、「まつげパーマ」「まつげ用ホットカーラー」「つけまつげ」「まつげエクステ」と時代ごとに新しい「まつ毛」にまつわる商品や施術が出てきています。

 

しかし、美容の仕事に携わっていると

「つけまつげ」はつけてるのが、他人から分かってしまう…

「まつげエクステ」は、取れだしてからがみっともない…

抗がん剤などの副作用でそもそもまつ毛がないから、マスカラさえ意味がない…

などのお悩みを耳にする機会も多く、まだまだ「まつ毛」に対する女性の悩みは尽きないのだなという印象です。

 

そんな方々に「まつげケア」の選択肢の1つとして、医療機関でもご提案できる商品がございます。

 

グラッシュビスタ®という商品で、まつ毛の長さ・豊かさ・太さ・濃さを改善する外用薬です。

グラッシュビスタ®は、米国で2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に使われており、2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

 

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました。 

まつ毛が不十分であったり、不足している患様のまつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。

 

ご購入された患者様からも

「長さ、太さが増したのはもちろんのこと、まつ毛が抜けなくなった」

「まつ毛が太くなったことで、まつ毛が自然にカールするようになって、ビューラーがいらなくなった」

「抗がん剤の副作用で抜けきってしまっていたまつ毛が戻ってきて嬉しい」

など喜びの声も沢山いただいております。

 

まつ毛でお悩みの患者様は、ぜひご来院・ご相談下さい。

※保険適応外の商品です。 価格 19,800円(約2カ月分)

 

大城皮フ科クリニックが、10月号のチーク(8/23 発売)に紹介して頂きました!!

チークさんの編集元の流行発信グループから許可が出ましたので、その記事を当ブログでも公開させて頂きます!!

 

 

 

1ページ目は、「美容皮膚科」というものはどういうものかという記事を監修させて頂きました。

①美容皮膚科と皮膚科との違い

②美容皮膚科とエステティックサロンの違い

③美容皮膚科とはどんなところ

④よい美容皮膚科とは

という、美容皮膚科になじみがない方が疑問に思うことをわかりやすく説明しました。

2ページ目はクリニックの詳しい紹介をして頂きました。

左下の記事では、当院自慢の、東海地区初導入で、美容大国の韓国で一大ムーブメントを起こしている、ラクジュアリーメディカルエステ、LASEMD(ラセムド)が詳しく紹介されています。

右下の記事では、当院のアンチエイジングの施術を紹介して頂いています。

特に、医療脱毛は当院自慢の最新医療レーザーです。

ヤグとアレキサンドライトの2波長を駆使して、今まで抜けなかったうぶ毛も根こそぎ脱毛します。

また、「Air Cooling System」 で、氷点下の風を当てながらレーザーを当てるため、今までの脱毛器では考えられないくらい痛みの少ない脱毛を可能としています。

雑誌の発売以来、たくさんのお問い合わせをいただいております!ありがとうございます!

どの処置も、院長の診察を受けてから、患者様に必要な処置を決定しております。

施術をご希望の方は、できればスマホなどで当日順番予約を取られてから、一度受診をお願いいたします。

ページトップへ戻る