大城皮フ科クリニックブログ

カテゴリ「美容のお部屋」

 

私たちの顔は、骨・筋肉・皮下脂肪・真皮・表皮の5つの層から成り立っています。

しわやたるみは皮膚の表面だけで起きていると思われがちですが、実はこれらすべての層が関わってきます。

加齢や光老化とともに、それぞれの層に変化が起き、しわやたるみを作っているのです。

そのため、しわの改善は、層ごとの老化に合わせた治療が必要です。

大城皮フ科クリニックには、全ての層にアプローチできる、治療が揃っています。

各層ごとの治療を行うことで、お顔全体をトータルケアすることができるため、

より若々しく美しい肌に近づくことが可能です。

 

お顔の層に合わせた「トータルフェイシャルトリートメント」

ご興味のある方は、是非ご来院・ご相談ください。

 

 

今春、雑誌やSNSでよく目にする「UVイデアXL プロテクショントーンアップローズ

もちろん!大城皮フ科クリニックでも販売しております♪

 

肌なじみのよいピンクの色味で、澄んだ血色と上質なツヤのある素肌のような透明感肌を演出してくれます。

SPF50+・PA++++の防御力で紫外線はもちろん、PM2.5を含む大気中微粒子などの外的要因から肌を守ってくれる働きもあるので、化粧下地としても、日焼け止めとしても心強い商品です。

 

スタッフ愛用者も多く、

「肌なじみがいい」「伸びがよく使いやすい」「化粧崩れしにくい」と大変好評です♡

 

これから紫外線の強くなる季節です。

ラロッシュポゼのUVイデアXL プロテクショントーンアップローズであなたのキレイを守りませんか?

 

大城皮フ科クリニックでは、サンプルのご用意もあります。

ご興味のある方は、お気軽にスタッフへお声掛けください。

 

ご自身や、ピアスショップでピアスホールを開け、

〇細菌の感染により穴をあけた場所が化膿してしまった

〇金属アレルギーを起こし、赤みやただれ、かゆみといった症状がでた

などという理由でクリニックを受診される患者様がいらっしゃいます。

 

また、ご自身で開けたり、ご友人の方に開けてもらった場合、経験の浅い不安定な動作となってしまうため

〇うまく貫通しない

〇極端に斜めに貫通してしまう

などのトラブルにもつながります。

 

当院では、「安全・安心・衛生的」をモットーに、医療用のピアッサーを使用して、ピアスの穴を開けさせていただいています。

ピアスも金属アレルギーを起こしにくい純チタン製の物を使用しております。

万が一、トラブルがあった際も、医療機関なので、すぐに対応でき、安心です。

 

当院の患者様目線での施行を気に入られ、「また開けてもらいにきました。」「ここで開けたら、他のところには行けない。」と何度も足を運んでいただいている患者様も多くいらっしゃいます。

 

ピアスの種類は、男性女性問わず人気の高い丸いプレーン(ドーム型)タイプ、女性に人気のクリスタルタイプの2種類を準備させていただいております。(下に写真があります)

患者様のお好みに合わせ選択できます。

「ピアスを開けたい」と検討中の方は、是非、大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談ください。

 

※中学生以下不可  高校生以下の方は、保護者様の同意が必要となります。

※耳たぶ、耳軟骨以外のピアスの穴あけは行っておりません。ご了承下さい。

その「毛穴ケア」大丈夫?

 

肌の悩みで、上位にあがる「毛穴の黒ずみ」「毛穴の開き」

「赤ちゃんのようなつるんとした肌になりたい!」という声も多く聞かれます。

しかし、間違ったケアは、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きを目立たせたり、悪化させる可能性があるので注意が必要です。

 

例えば毛穴パックやスクラブ入りの洗顔料。

代表的な毛穴の汚れである「角栓」が角栓が根こそぎ取れるので、使用すると、毛穴が「スッキリ」し、きれいになったように感じます。

しかし、毛穴パックで角栓のなくなったぽっかり開いた毛穴にファンデーションが入り込んで、余計に毛穴が目立ってしまったり、毛穴に埋まったファンデーションが十分に落ちず、毛穴に詰まり、ニキビや肌荒れの原因になることもあります。

 

角栓は毛穴を雑菌から守るために作りだされているため、無理やり全て除去するのではなく、正しい方法で、少しずつ優しく、必要な分は残しながら、除去していくことが大切です。

 

また、毛穴パックやスクラブ入り洗顔料は肌に強い刺激を与えるため、肌のバリア機能が衰え、目では見えないレベルでの肌の炎症が起こる可能性があります。

皮膚は炎症を起こすことで、色素沈着を起こし、シミやくすみの原因となってしまいます。

 

 

~毛穴のタイプ別の原因と、治療について~

 

当院では、毛穴のタイプに合わせ、様々な治療をご提案が可能です。

 

イチゴの表面のようにポツポツと黒ずんでいる → 「毛穴の黒ずみ」

白いぷつぷつが毛穴に詰まっている → 「毛穴の角栓」

ぽっかり穴が空いているように開いている → 「毛穴の開き」

毛穴が雫のように下垂して広がっている → 「毛穴の開き」

 

 

毛穴でお悩みの患者様は、是非大城皮フ科クリニックにご来院・ご相談下さい。

正しい毛穴ケアで、一緒にきれいな肌を作っていきましょう。

しわ・たるみの種類

 

年齢を重ねるごとに増えていくお顔のしわやたるみは、仕方のないことだとはわかっていてもどうしても気になるもの。

「お化粧の時に鏡を見ていたら、昔は目立たなかったほうれい線がある日突然気になりだした」などと来院される患者様も多くいらっしゃいます。

「しわ」や「たるみ」は、原因によって治療法が異なります。

今回は、「しわ」「たるみ」の原因、種類、治療についてみていきましょう。

 

肌の表面の小じわちりめんじわなど細かいしわが気になる

小じわ・ちりめんじわは、肌表面の乾燥や、紫外線や加齢による肌の老化により、角質層の水分保持機能が低下することなどが原因で起こります。

小じわ・ちりめんじわは、広い年齢層に見られ、人によっては20代前半からできてしまうこともあります。

「しわ」のレベルとしては、 比較的初期の状態です。

基本的には浅いしわなので、それほど気にしない方もいらっしゃいますが、対処をせずに放置すると段々と深くなってしまうこともあるため、早めのケアが肝心です。

<治療>インフィニ②③、ラセムド(VCVA美容液)、スペクトラピール

 

 

眉間、額、目尻のしわなどが気になる

笑ったり、怒ったりするときに、表情筋とよばれる筋肉の収縮(緊張)によって眉間や、目尻、口の横、額などに「表情じわ」が現れます。
一時的なものですが、加齢などに伴なって大じわへと進行するおそれがあるので注意が必要です。

眉間にしわを寄せる癖のある方や、目尻の笑いじわ、目を見開いたときにできるおでこのしわなどが気になる方は、早めのケアが大切です。

<治療> ボトックス注射

笑ったと時に歯茎が出てしまう、えらの張りや歯ぎしりなどが気になる方にも、ボトックス注射はおすすめです。

 

 

ほうれい線、目の下のたるみやしわ、顔全体のたるみが気になる方

深く刻まれた「大じわ」は、真皮の機能が衰えることなどが原因で起こります。

真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされ、ハリや弾力、潤いを保持する役割を担っています。

加齢とともにそれらの成分は減少し、皮膚を支えきれなくなってしわが発生します。

またお顔の老化は、皮膚だけに起きているものと思われがちですが、実は骨格や筋肉、皮下組織を含むお顔全体の組織の構造が、加齢によって立体的に変化して起こります。

加齢に伴って起こるお顔の骨の老化や、脂肪の減少によるボリュームダウンもたるみ・大じわの原因です。

<治療> インフィニハイブリッド①③④⑤、ウルトラセルQ+(HIFU)、エコツーレボリューション、ヒアルロン酸注射 

 

まずは、患者様自身の「たるみ」や「しわ」の原因を知ることが重要です。

その後、どういう治療が適切・必要なのかを、医学的根拠に基づき検討していくことが大切です。

美容皮膚科で、お悩みに合わせた治療を受けてみませんか??

 

大城皮フ科クリニックブログ一覧にもどる

ページトップへ戻る