大城皮フ科クリニックブログ

『じんましん』とは?

今日はじんましんについてお話します㊙️

🍄じんましんとは?🍄
皮膚の一部が突然、蚊に刺されたように盛り上がり、短時間で跡を残さず消えてしまう皮膚の病気です🙀

🍄じんましんの原因🍄
特定の刺激(食物などのアレルギー反応として起こる場合や、圧迫などの物理的刺激、発汗など)が原因・誘因となるものと、直接的な原因がはっきりわからないものがあります🦐🐟

1度だけ症状が出たり、数日で治まるものを「急性じんましん」
原因が特定できず、1か月半以上、出たり消えたりが続くものを「慢性じんましん」
といいます👨🏻‍⚕️

「慢性じんましん」は数か月~数年にわたって続くこともあります💦

🍄じんましんの症状🍄
蚊に刺されたような、赤みをもった膨らみ(膨疹(ぼうしん))が現れます
膨疹の大きさはさまざまで、膨疹同士がつながり、地図のように広がることもあります
強いかゆみに加え、チクチクする、焼けるような感じがすることもあります😖
通常は24時間以内に、跡を残さず消えてしまいます🕒

顔を含め全身のどの部位にも起こりえます😭
慢性じんましんでは、夕方~夜間にかけて症状が出たり悪化しやすいことが多く、だいたい決まった時間に出る人もいます⏰🌙

🍄じんましんの対処・予防法🍄
特定の食品で起こる場合は、その食品を避けるようにします🐟🦐
摩擦や圧迫などの刺激で繰り返し出る場合にも、それを避けるようにします🐈
患部を冷やすことはかゆみの軽減に役立ちます❄️
※ただし寒冷刺激でじんましんが出る場合には、悪化するため冷やさないでください💦

⚠️じんましん以外に、意識の低下や呼吸困難など複数の症状が現れた場合には、アナフィラキシーショックと呼ばれる重篤なショック症状の可能性があるため、早急に大きな病院への受診が必要です💦

🍄じんましんの治療🍄
⭕内服薬
抗ヒスタミン(抗アレルギー)剤を内服することで症状が抑えられます💊✨

慢性じんましんの場合は、治療効果を確認しながら、薬の種類や量を調整します👨🏻‍⚕️✨
腰を据えて治療に臨むことで、持続期間を短縮できます😊🏥

じんましんでお悩みの方は
是非大城皮フ科クリニックへご来院・ご相談下さい😌

大城皮フ科クリニックブログ一覧にもどる

ページトップへ戻る