大城皮フ科クリニックブログ

『シミ』について

クリニックには毎日多くの患者様が美容カウンセリングを受けにご来院されます✨
今日はその中でも一番多い『シミ』についてお話しします💁‍♀️

『シミ』といっても様々なシミがあります💡
『シミ』の種類を正しく診断し、適切な治療を受けることが大切です☝️

🔹老人性色素斑🔹
茶色で、まわりの皮膚との境界がハッキリしているのが特徴です。
紫外線が原因であるため、顔や手の甲、腕など太陽がよく当たる部分にできやすいです☀️
60歳以上の方には必ずあると言っていいほど一般的なシミです🧓

🌟治療法🌟
Qスイッチレーザー、ルートロピール

🔹肝斑🔹
頬や目の下、額などに左右対称にみられる薄茶色のシミです。
輪郭がハッキリせず、モヤッとしたシミが広がっている場合は肝斑の可能性があります👀

30〜60代の女性に多く見られ、女性ホルモンによる影響、皮膚の過度な摩擦、ストレスや肌に合わない化粧品の使用などが原因と言われています🤦‍♀️
特に妊娠中やピルを服用している方はできやすいので注意が必要です⚠️

🌟治療法🌟
トーニング、トラネキサム酸内服

🔹雀卵斑🔹
「そばかす」と呼ばれる、鼻を中心に左右対称に散らばる茶色の小さなシミです。
幼児期に発症する事が多く、思春期頃までに目立つようになり、日焼けや妊娠により増悪します😵

🌟治療法🌟
Qスイッチレーザー、ルートロピール

🔹炎症後色素沈着🔹
ニキビや怪我、火傷をした皮膚が炎症を起こした後にできるシミです🤕
肌のターンオーバーとともに、次第に消える事が多いのですが、皮膚の炎症が悪化して色が濃くなってしまった場合は、消えずに残ることもあります。
色素沈着を起こした場所が紫外線を浴び続けると、だんだんと濃くなっていくので注意が必要です☝️

🌟治療法🌟
トーニング、ビタミンC内服、ハイドロキノン塗布

🔹脂漏性角化症🔹
頭皮、顔、首にできる茶色ザラザラとした盛り上がったシミです。
加齢、紫外線による肌の老化が原因と言われています👵
老人性色素斑から発生することも多いです。
徐々に大きくなり、数も増えますが小さいうちに取れば問題ありません👏

🌟治療法🌟
液体窒素(保険適応)

また、患者様自身では『シミ』だと思っていても、実は『アザ』だったという場合も多く、適切な治療を受ける為には、正しい診断が重要です👨‍⚕️

当院では「皮膚科専門医」による「正確な診断」と「適切な治療」で患者様をサポートさせて頂きます❤️

『シミ』でお悩みの方は、一度当院へご来院・ご相談ください🏥✨

大城皮フ科クリニックブログ一覧にもどる

ページトップへ戻る